ネム(XEM)とは 特徴やシンボル(XYM)との関係は?

この記事は約6分で読めます。

ネム(NEM)とは、新しい経済運動(New Economy Movement)の略です。
プラットフォーム名はネム(NEM)で、暗号資産(仮想通貨)名がゼム(XEM)です。

ネムは2015年3月に開始されました。
発行上限は89億9,999万9,999コインで、全てが発行済みのため、今後新しく発行されることはありません

「UtopianFuture」と名乗る匿名のチームが創設者です。

ネムの目的

Introducing NEM

ネム(NEM)はブロックチェーンを活用して新しい経済の仕組みを作ることを目的としています。

ネムの取引承認のシステムはPol(Proof of lmportance)を採用しています。
Polスコアがつけられ、ネムの保有量や取引量、保有期間などを元にどれくらいネムのネットワークに貢献しているかを表します。

このPolスコアの高い人ほど報酬がもらえる仕組みです。

ビットコインの場合はマイニング(採掘)をすることによって報酬がもらえます。
このマイニングは高性能なコンピュータを使える資金力のある人しか参加できません。

ネムの承認作業をハーベスティング(収穫)と言います。
ハーベスティングは1万XEM以上(2021年5月時点で約35万円)保有している人が参加できます。
ビットコインのマイニングよりも比較的安価なので、一般の人でも参加しやすいです。

ネムを積極的に利用すればするほど、報酬を得やすい仕組みです。
他の暗号資産(仮想通貨)の問題点である「富の集中化」を解決し、ネムの目的である参加者に公平に富を分配する仕組みなので、多くの支持を集めているようです。

ネムの特徴

セキュリティが強い

ネムは暗号資産(仮想通貨)の中でも特にセキュリティが強いです。

「Eigen Trust++」という強固な仕組みが使われています。
ノード(プログラムを実行しているコンピュータ)同士が監視・評価をして、悪質なノードを排除します。

コインチェック事件

2018年1月、国内の取引所のコインチェックから580億円相当のネムが盗難されました。
これはネムのセキュリティが甘いわけではなく、コインチェック側に問題がありました。

この事件を受けてコインチェックはこれまで以上に強固なセキュリティを構築し、金融庁から認可された暗号資産(仮想通貨)交換業者になりました。

アポスティーユ(公証)サービス

アポスティーユとは公証機能です。

官公署や自治体等が発行する公文書に対して外務省が行う証明のことです。
また、金銭消費貸借や不動産の賃貸借などの重要な契約や遺言などの公正証書を作成する時には公証役場が証明します。

この第三者の承認が必要な公証を、ネムのアポスティーユサービスを使うことにより、ブロックチェーン上で発行できるようになります。
ブロックチェーンで証明された内容は改ざん不可能です。

これまで公証を作成するには自ら出向いてめんどうな手続きをする必要がありましたが、簡易で確実に証明をすることが可能になります。

ネームスペースとモザイク

ネームスペースとモザイクで暗号資産(仮想通貨)を作る

  • ネームスペース:
    インターネットのドメインのようなもの
  • モザイク:
    新しく暗号資産(仮想通貨)を発行する機能
リップルの場合

ネームスペース:Ripple
モザイク:XRP

ネームスペースをレンタルして独自の暗号資産(仮想通貨)を発行することが可能です。
ブロックチェーン技術の知識がない個人でも簡単に作れます。
ここで発行した暗号資産(仮想通貨)がどこかの取引所に上場すれば、その価値は莫大なものになるでしょう。

上場の条件は取引所によって異なります。
上場にはかなりの資金力が必要な上、上場後の流動性も必要です。
上場までのハードルは高いですが、暗号資産(仮想通貨)は意外と簡単に発行できるのです。

また、この独自に発行した暗号資産(仮想通貨)を個人でもICOできるようになっています。
ICOとは作った暗号資産(仮想通貨)を売り出し、資金調達をすることです。
クラウドファンディングのようなものです。
投資家が投資したくなるようなビジネスモデルを展開できれば、個人や小さな企業でも簡単に資金調達ができるようになります。

ネムの今後

2021年3月ネム(XYM)の特徴を引き継ぎ、改良したシンボル(Symbol・XYM)が誕生しました。
新しい「シンボル」というプラットフォームで使用される暗号資産(仮想通貨)が「ジム(XYM)」です。
元々あるネムは変わらず、なくなることはありません。

2020年11月、ネム(XEM)から「シンボル(XYM)」が誕生するとの発表がありました。
シンボルはネムよりも処理スピードが大幅に速くなり、セキュリティもさらに強化されるようです。

そしてこの発表で、シンボルがローンチされた後に100XEM以上保有している人

1XEM=1XEM+1XYM

になると公表されました。
100XEM以上保有しているだけで、同量のXYMももらえるというのです。

これを受けて価格は大きく上場しました。

度重なる延期の発表で、市場からかなりの注目を集めました。
3月6日に1XEM=87円まで値を上げましたが、3月13日には半分の40円を切るまで下がりました。

2021年5月時点でのシンボル(XYM)は、30円前後で取り引きされています。
今後シンボル(XYM)の流動性が上がったり、企業が注目してプロジェクトに利用されたりするようになると、価格は上昇するでしょう。
その反面、元々あるネム(XEM)の価格は下落する可能性があります。

しかし、ビットコインキャッシュのように満を持してビットコインから派生したコインよりも、元からあるビットコインの方が人気です。
ビットコインは欠陥のあるコインと言われていますが、ビットコインキャッシュはそれを改善しているのにも関わらず、流動性が低く、ビットコインのような実店舗での普及もありません。

どんなに機能性が良いコインでも、みんなが「ほしい!!」と思わなければ流動性は上がりません。
今回はコインの発行者がネムの保有者へシンボルを配布すると公表したため、両方が注目されました。
しかし、海外の取引所ではシンボルの配布はされたようですが、日本国内の取引所は未だ配布をしていません。(2021年5月7日現在)

国内の取引所は何をしているの?
保有者たちに受け取る権利はあるのに、取引所が配布するかどうかを検討する必要はあるのでしょうか。
おかしいですよね…

私はbitFlyerとZaifでネムを購入しました。

bitFlyerは

お客様の利益を最優先に考えた対応方針を検討しており、…

https://bitflyer.com/ja-jp/faq/5-16

海外の取引所で取引が開始されるとすぐに一時80円超まで上がりましたが、その後は右肩下がりです。
お客様の利益は日々減ってますけど…

Zaifは2021年5月10日から順次付与するようです。
※付与されました!!
 他の取引所は配布までまだまだかかりそうです…

コメント

タイトルとURLをコピーしました