暗号資産(仮想通貨・デジタル通貨)とは?安全なの?

この記事は約3分で読めます。

暗号資産(仮想通貨)とは

仮想通貨

暗号資産(仮想通貨・デジタル通貨)とはデジタルデータとして存在しているお金です。
インターネットを通じて不特定多数の人と商品などの対価として使用できます。
中央銀行(日本の場合は日本銀行)などの公的な発行機関や管理者が存在しません。

暗号資産にはたくさんの種類があり、それぞれに目的があって作られます。
暗号資産の性能や需要、将来性などのさまざまな要因によって、価格が大きく変動しやすいです。
株のように値幅制限がないので、一日で何倍も上がったり下がったりすることもあります。

暗号資産(仮想通貨)の特徴

ブロックチェーンという技術によって、従来の取引データを収集管理する大規模なコンピューターが不要で、分散型ネットワークで構成できるため、低コストでの運用が可能です。
国内・海外への送金や決済などの手数料をより安く安全に行うための仕組みとして設計されています。

主に暗号資産を扱う者同士によるP2Pと呼ばれる方式が採用されています。
取引の情報や、誰がどれくらいの暗号資産を保有しているかという情報も、ネットワークに接続されている不特定多数の端末に分散して記録・共有されています。

悪意のある人が暗号資産のデータを不正に改ざんしようとしても、他のコンピュータなどの端末に記録された情報と照らし合わせれば、データを書き換えたことがすぐにバレてしまいます。
改ざんしたくても、ネットワークに接続されている膨大な数の端末に侵入し、 全てのデータを書き換えなくてはなりません。

それが容易ではないことは明らかなので、非常に高い信頼性があるのです。

暗号資産(仮想通貨)の種類

ビットコイン

ビットコイン


2008年「サトシナカモト」と名乗る人物が発表した論文を元に、運用が開始されました。
暗号技術や分散システムの研究の集大成ともいえ、世界初の暗号資産(仮想通貨)といわれています。
このサトシナカモトという人物については誰かは公表されていません。

翌年の2009年に初めて法定通貨との取引が行われました。
その時のビットコインの価格は、1BTC=約0.07円でした。

2012年後半から価格が急に上昇し始め、2017年1月時点で1BTC=約10万円だった価格が、2017年末には市場最高値の235万円をつけました。

翌年2018年1月をピークに、ビットコイン価格はじわじわと下降したものの、2019年に入って再び価格が上昇しました。

そして2021年2月には600万円を突破。
再び投資対象として注目され始めています。

アルトコイン


ビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨)をまとめて「アルトコイン」と呼びます。

イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ネム、リスクなど種類はどんどん増え続け、今では数千種類もあります。
しかし、頻繁に取引されて流動性があるのはそのうちのわずか100種類程度だといわれています。

それぞれに目的があって作られているので、調べてみるとおもしろいです。

コインマーケットキャップ


暗号資産(仮想通貨)の時価総額を見ることができるサイトです。
時価総額ランキング、価格、取引量、価格推移が確認できます。
暗号資産を購入する前には一度目を通しておくことをおすすめします。

コインマーケットキャップ

暗号資産(仮想通貨)を購入してみたいと思ったら、購入したい暗号資産の特徴も調べることが大切です。
このブログでは様々な暗号資産について発信していきます!!
お宝コインに出会えますように~☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました