暗号資産(仮想通貨)の保管方法 ウォレットとは

この記事は約3分で読めます。

資産を保有する上で、リスク分散が必要です。

暗号資産(仮想通貨)を保有する上で気を付けることは、保管場所を分散させることです。

暗号資産(仮想通貨)を売買するためには取引所の開設が必要です。
開設して暗号資産を購入した後、取引所に置いたまま(購入してそのまま)にしておくことはリスクがあります。
それは、盗難のリスクです。

これまで盗難された事件はいくつも発生しています。
その多くが取引所のハッキングです。

取引所のセキュリティはかなり強化されていますが、ハッカーは常に隙を狙っています。
暗号資産をインターネットに繋がった状態で保管している限り、ハッキングに遭うリスクがあります。
ですので取引所は、通常の取引で使わない分をオフラインに保管しています。
しかし、取引は24時間365日行われますので、一部はインターネットに繋がった状態にあります。

ウォレット-暗号資産(仮想通貨)の保管先

暗号資産を保管するところをウォレット(暗号資産専用の財布)と言います。

ホットウォレット

インターネットに繋がった状態のウォレットを、ホットウォレットと言います。
取引所に入れたままにしている暗号資産は、全てホットウォレットに預けている状態です。
盗難のリスクがあることは知っておいてください。

コールドウォレット

インターネットから切り離した状態で保管するウォレットをコールドウォレットと言います。
一番簡単でおすすめなのは、USBに移して保管をする方法です。

楽天やAmazonなどでの購入は正規品よりも安い場合がありますが、ウイルスが仕込まれている可能性があります。
大切な資金を守るためのウォレットですので、必ず公式サイトから購入しましょう。

USBのウォレットにも注意点があります。
それは、全ての暗号資産に対応しているわけではないということと、紛失してしまったら戻ってこないということです。
紛失は自分で防げますので、きちんと保管をしましょう。

取引所で保管する場合

頻繁に取引する方は、いちいちUSBへ入れたり出したりするのは手間がかかって面倒でしょう。

そのような方は取引所を複数開設し、分散して保管することをおすすめします。

万が一取引所がハッキングに遭った場合は一定額の補償が受けられる場合がありますが、全額は補償されないかもしれないし、全く補償されないかもしれません。

ですので一ヶ所にまとめずに、少しずつ分散して保有することで、万が一の被害を最小限にすることができます。

また、先日配布するかしないかで話題になったシンボル(XYM)の時のように、取引所によって判断が違います。
私はZaifとbitFlyerでシンボルを受け取る権利がありますが、Zaifからしか受け取っていません。
国内取引所は2021年5月現在、Zaifだけが配布しているようです。

取引所によって上場の条件が違いますし、扱う暗号資産も違うので、いくつか作って分散することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました